タグ: 労働災害

労働災害(仕事中のけが)、通勤災害(通勤中のケガ)に関することも何でもご相談ください。

通勤中のお怪我、仕事中のお怪我では労災保険が使えます。

★ 健康保険は使えません。

 

労災保険を使うメリット 

以下のものが給付対象になります。

 

1.治療費

2.休業補償(賃金)

3.後遺症が残った場合の補償

などです。

 

ゼロ円でしっかりとした治療が受けられるので

通勤中や業務中にけがをしてしまった場合はしっかりと通院し、

一日も早く職場への復帰を目指しましょう。

 

<こんな場合、労災保険の適用>

 

☑ 仕事に行こうとして急いでいたら、

躓いて転んでしまった。

☑ 通勤中の満員電車の中で腰を痛めた。

☑ お客様のところに、

行った際に雨で滑って転んでケガをした。

☑ 仕事中に重いものを持ち上げた際、

腰を痛めた。

(給付が認められるかどうかは、

労働基準監督署の判断となります。)

 

・・・過去には、職場で受けた暴行が

労災として認定されるのかといった相談、

後遺症認定までの方法等も

ご質問されアドバイスした実績がございます。

 

また

「労災を使うと会社に

迷惑をかけてしまうのでは・・・?」

と考えている方がいますが、

それは大きな間違いです。

 

手続きも、複雑なことはなく、

所定の用紙に会社から

印鑑を押してもらうだけです。

煩雑な手続きなどフルサポートし

かかった医療費の請求などを

こちらで代行することも可能です。

 

★ 通勤中のケガで本来ならば

労災保険を使わなければならないのに

健康保険などを使い治療することは

「労災隠し」につながりますので

かえって会社に迷惑をかけてしまうことに

なりかねません。

 

まずはお早めにご相談ください。

あまり知られていませんが

労災保険を使って鍼灸治療を

受けることができます。

 

施術は計画性を持って行います。「自分の好きなタイミングで施術を受ける。」というスタンスですとあまりいい結果にならないことが多いです。(とくに保険診療)

弊所では60分で6000円など時間で区切っての

自由診療(自費)を中心に施術を行っていますが

以下のような方々からは

保険診療での施術もお受けしております。

 

<保険での施術 一例>

・ 交通事故に遭ってしまい怪我をした。

→ (自賠責保険・労災保険など)

 

・ 歩いていたら足をひねった

→ (健康保険など)

 

・ 通勤途中に転んでしまって怪我をした

→ (労災保険)

 

・ ご年配の方や障害・ご病気があり

痛みなどが強く出歩けない

→ (医師の同意を得て健康保険)

 

・・・

様々なパターンは考えられますが

保険が使えるケースについては

制度などを熟知していますので

しっかりと時間をかけてご説明させていただきます。

いつでもお気軽にご相談ください。

 

傷害保険の書類作成なども

承っております。

 

また

「怪我をしたことにして

健康保険を使ってマッサージしてほしい」

といったご要望は一切お受けできません。

ご理解ください。

★ 保険をつかった治療(施術)を

受けるうえでの注意点 ★

 

保険診療・自由診療問わず

治療は計画性を持って行います。

 

そのため、

自分が来たいタイミングで施術を受ける。

というスタンスですと

なかなか回復しないケースも多いです。

 

事前に担当者と相談して決めた計画通り

通院ししっかりと治療を受けたほうが

良いと思います。

 

また、とくに公的な意味合いのある

保険診療で施術をする場合ですと

なおさらです。

 

自分の好きなタイミングで来て

施術を受けるという

治療に集中していないようなスタンスでは

やはり保険者さんからも

 

「本当に治す気があるのか?

ないならば保険を使う意味があるのか?」

という指摘を受ける可能性もあります。

 

例えば月に1,2回きて施術を受けるだけでは

たとえ忙しかったとしても

痛みをこらえていたとしても

単なる慰安目的・娯楽目的で

保険を使っているとみられかねません。

*最初は、毎日治療を受けるくらい

集中してもよいくらいです。

 

これは自賠責保険・労災保険・健康保険

保険の種類を問わず、皆同じです。

今後はますます運用が厳しくなることが

予想されます。

 

しっかり通院ししっかり治療に集中しましょう。

 

特に交通事故に遭ってしまった方が使う

自賠責保険、また労働災害に遭ってしまった方の

労災保険などはその傾向が強くなるでしょう。

 

仕事に学校に家庭に・・・

忙しいことは承知していますが

やはり治療に集中した方が良いです。

 

できる範囲で良いので全力で

治療に集中することをオススメします。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>

交通事故に遭ってしまった方が治療を進めるうえでの

ご質問や疑問、不安・不満を公開しています。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

>>>>>>>>>>>>>>>>

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

通勤途中にケガをしてしまいました。労災保険を使うと会社に迷惑がかかるので健康保険を使いたいのですが・・・

交通事故・労災事故に遭ってしまった方からのご質問を

こちらでも公開していきます。

同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。

★交通事故・労災事故に遭ってしまった方が抱える

疑問や不安についてのまとめはこちらから・・・

 

ご質問内容

「通勤途中にケガをしてしまいました。

駅の階段を降りようとしたところ後ろの人から押されて

転んでしまったのです。

足首やふくらはぎをケガしてしまいました。

歩行もつらい状況です・・・

病院に行ったところ、

『通勤中のおケガなので労災申請してください』

といわれましたが

以前も同じようなけがをした時に会社に相談したところ

嫌な顔をされ、

今回も会社に迷惑をかけるのが嫌なので

労災保険を使いたくありません。

自分の健康保険を使って治療することはできますか?」

 

お答え

「できません。

健康保険ではなく自費での治療なら可能です。」

 

・・・過去に似たようなケースのご相談が弊所にあり

実際にその患者さんが加入する某・健康保険組合に

質問してみました。

 

その健康保険組合の担当の方のお答えとしては

 

「労災保険か健康保険かは、どちらかを好きに選べる

という性質のものではない。

あくまで労災保険を使いたくないというのならば

自費扱いになる。

 

とのことでした。

 

・・・それにしてもなぜ会社が労災保険の使用を

嫌がるのでしょうか?

 

考えられることとしては

会社の方が

「掛け金が上がる」

と思いこんでいるということです。

 

これは明らかな誤解で

通勤途中の事故では掛け金が上がることはありません。

 

またあまり規模の大きくない会社ですと

社長さんが労災保険の仕組みをあまり理解しておらず

申請するのに

社会保険労務士さんに書類作成などを頼まなければならず

依頼の費用が発生してしまうから、

という話も聞いたことがあります。

 

・・・しかしながら事故に備えるのが保険の役割ですし

会社が労災保険を使わせないという行為は

労災隠しにもつながってしまうため

さらなるペナルティーが生じてしまうこともあります。

 

社員の方からの求めがあれば

労災保険を使って

治療を受けさせてあげることをオススメします。

 

*交通事故・労災事故に遭ってしまった方で

何かお困りのことがありましたら弊所までお尋ねください。

平日土曜日22時までリハビリ可能です。

日曜日と祝日も営業しています。

詳しくはこちら・・・

025

田無北口鍼灸院、建物入り口から待合室までの様子

田無北口鍼灸整骨院の最近の様子を

写真に収めましたのでご紹介いたします。

建物入り口から待合室までの様子です。

 

(1) 1階建物(野崎ビル)入口 看板

モスバーガーの右手側を建物に入っていただくと

エレベーターがございます。

1階はモスバーガー、2階は歯医者さんです。
12243485_532479116927696_7328411471589775411_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2) 入り口

エレベーターで3階に上がっていただくとすぐ右手が

田無北口鍼灸整骨院。

入り口はベビーカーや車いすでも入りやすいよう

ブロックが敷いてあります。

12249834_532479176927690_7762839207151153143_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(3) 入り口 その2

中に入ると施術を受ける際の

注意書きなどがあります。

靴ひもを結ぶための椅子も用意しています。

12208482_532479103594364_5897813502040443726_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傘のお忘れ物もないよう注意書き・・・

12241694_532479153594359_5533484529469359323_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(4) 受け付け周辺

中に入るとアロマの香りがします。

かかっている音楽は大体クラシック音楽です。

12219493_532479130261028_8393102171632224212_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12208405_532479216927686_2180189712981349238_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(5)待合室

待合室ではお茶なども飲めます。

施術終わった方にはお水をお出ししてます。

雑誌は医療関係や西東京関係のものが多いです。

ご自由に閲覧ください。

12250094_532479183594356_4357180231949429895_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し古いですがGOOGLEインドアビューも公開しています。

交通事故に遭ってしまった方が苦しまれる、むち打ち症の関連症状「バレリュー症候群」について。

交通事故などで首に衝撃を受けてしまった際に

長く症状が続いてしまうことがあります。

 

「バレリュー症候群」

という傷病がありますので

心配な方などは医師等に相談されることをオススメします。

 

バレリュー症候群とは・・・?

1925年にフランスのバレ、
1928年にバレの門下生のリュー
によって報告された症例で、発見者の名前から
その病名が付いた。

眼、耳、心臓、咽頭部の異常など、
自律神経症状を主体とする 症状が
「バレー・ルー(リュー)症候群」と呼ばれる。

自律神経失調症と
全く同じというわけではありません。

しかしながら
頚部の自律神経機能障害という意味で、
理解していればいいかと思います。

「後部頚交感神経症候群」

というのは

「頚部の疾患・外傷でありながら、
頭部や顔面に頑固な自覚症状を訴える例があり、
これらの症状が頚部の交感神経と密接な関係を持つ」

と発表されたのが最初。

その発生原因については定説が確立されていなし。
しかし何らかの原因により
頚部の交感神経を過度に緊張した状態にさせ、
交感神経の支配領域に症状をもたらす。

 

症状と診断について

自覚症状が中心となり、
以下のものがあります。

頭痛、頭重、めまい、耳鳴り、難聴、
眼精疲労、視力障害、流涙、
首の違和感、摩擦音、昜疲労性、血圧低 など

バレリュー症候群の特徴的症状は、
受傷直後ではなく2~4週間ほど経過してから
現れるのが普通と言われている。

他方で、

頚椎捻挫は3~6ヶ月で治癒すると言われるので、
この期間を経過しても症状に改善が見られない場合、
バレリュー症候群と診断が下されることもある。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

田無北口鍼灸整骨院、

交通事故に関する治療の相談はこちらから・・・

43770824_s

バイクの転倒事故などで多い。骨挫傷とは?

交通事故に遭ってしまった方から治療相談を受けていると

「骨挫傷(こつざしょう)」

について質問を受けることがあります。

 

医師の紹介状や診断書などに

そのような診断名が書いてあり

患者さんが疑問を持ち質問されるというわけです。

 

骨折でもなく、骨の挫傷。

いったいどんな状態なのでしょうか??

 

・・・骨挫傷とは

比較的新しい名前のようですが

身体の一部分を強く打ち付けて

炎症が骨にまで広がっている状態。

と考えるとよいかもしれません。

 

参考

OK WAVE
「病気のQ&A」
http://okwave.jp/qa/q1381932.html

 

バイクの事故などで膝関節を強く打ち付けた方の

診断書で見かけることが多くあります。

 

骨挫傷は

通常の打撲より痛みや炎症も強い傾向にあるため

しっかりと治療されることをオススメします。

ほっておくと治りずらいだけでなく

痛みが残ってしまうなど予後もよくないことが多いです。

 

交通事故後の治療や手続きなどに関しても

ご質問があればお気軽にどうぞ。詳しくはこちら・・・

43774662_s

「もう治ったと思ったのですが・・・また痛くなってきてしまいました・・・。」というご相談に関して。

弊所で治療相談活動を行っておりますと

 

「もう治ったと思ったらまた痛くなった。」

 

と訴える方が少なからずいらっしゃいます。

 

交通事故後のおケガなど

このように訴える方が多いのですが

 

「実際はまだ治っていなかった。」

 

ということかもしれません。

 

「痛みが消失すること・軽減すること」

 

がイコール治る、ということではないのですが

治療・施術を受けはじめ

痛みが取れてくると

 

「治った」

と感じてしまう方が多いようです。

 

自己判断は禁物です。

 

痛みが一時的に取れたからといって

運動をしてしまったり、お酒を飲んでしまったりして

再び悪化してしまうこともあります。

 

弊所でもそのようなことがないよう

注意して指導してまいりたいと思いますので

ご自身でもくれぐれもお気を付けください。

 

*痛みを与えないよう、

治療に集中し日常生活を送ることは非常に大切です。

 

また交通事故や労働災害のおケガのあとで

治療を受けられる方も、同じく

注意した方が良いです。

 

体調面の悪化はもちろんのことですが

「治った」

といって治療や施術を受けることを中断もしくは

やめてしまうと

保険を使っての継続再開は

難しくなってしまうと思われます。

 

自己判断だけではなく

必ず担当の医師と相談の上

 

「治っているかどうか?」

「もう治療をやめてもよいかどうか?」

の判断をされることをオススメいたします。

 

わからないことやお悩みがありましたら

お気軽にご相談ください。

37704442_s

症例:骨折「階段を踏み外し転倒→骨折」が判明したケース

田無北口鍼灸整骨院で行った施術、

症例などをこちらでまとめていきます。

同じようなことで悩んでいる方の

参考になれば幸いです。

 

本日は階段から足を踏み外し転倒。

→ 骨折が判明した方の症例をまとめます。

*プライバシーに配慮し脚色して書いていきます。

18022821_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お名前 A.Gさん(仮名) 男性 19歳

職業 大学生

状況など

平成27年8月2日 階段から転倒し負傷。

当日の夜弊所へ。

(夜遅くまでやっている接骨院を探していたそうです。)

 

アイシング・固定などの処置を行うが

痛みや腫れがひどい。

28710628_s

 

 

 

 

 

 

翌日になって血腫(血のアザ)が

ひどく出ていたことや

疼痛発生部位が捻挫のものと少し違ったため

「剥離骨折(はくりこっせつ)」

の可能性も考慮し、病院で診察を受けるよう勧める。

 

*弊所では骨折の可能性がある場合や

ご本人が不安を感じている場合、

整形外科などの病院で診察を受ける勧めます。

 

病院医師診察の結果、

剥離骨折が判明。疼痛も強いため

松葉づえを使うよう指導。

31209792_s

 

 

 

 

 

 

その後、1か月ほど

電気療法・アイシングなど施術を行う。

運動療法なども併用し、治癒。

 

多少痛みが残るものの

あとは自宅での疼痛緩和ケアを伝える。

 

・・・

このケースでは早期(受傷当日)

に田無北口鍼灸整骨院に来てもらい

アイシングや固定などの施術をできたため

スムーズに回復することができた例です。

 

逆に受傷後、時間がたってからのケガは

治りずらくまた繰り返し怪我をしてしまうなど

予後も悪いことが多いです。

お早目にご相談くされることをオススメします。

柔道整復、はりきゅう、マッサージにかかるとき

東京都府中市が

「柔道整復 はりきゅう マッサージにかかるとき」

 

という冊子を出していました。

ご紹介いたします。

 

弊所HPでも何度かお伝えしていますが

柔道整復(接骨院・整骨院)では

原因がはっきりわかるおケガ以外では

健康保険を使った施術ができません。

 

肩こり・疲労による腰痛などは

健康保険が使えません。

自費による施術となります。

 

また通勤途中や仕事中のおケガも

健康保険を使えません。

 

弊所を訪れる方で理解をされていない方も

たまにいらっしゃいますので

説明するのにも使っています。

 

健康保険使用には規定がございますので

わからない場合などは

お気軽にお問い合わせください。

12038134_518650504977224_3690094829310753154_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12063400_518650521643889_4296406781332908751_n