タグ: 耳鳴り

患者中心の医療(PCCM)と医学的に説明できない症状(MUS)の鍼灸院での対応について

少し前から「総合診療」や「家庭医」や「心療内科」などの分野で患者中心の医療(PCCM)や医学的に説明できない症状(MUS)といった言葉が紹介され、対応もノウハウ化され書籍等でも紹介されています。めまい、耳鳴り、胃腸の不調(過敏性腸症候群・機能性ディスペプシア他)・だるさが取れない、、、などの症状が医学的に説明できない症状(MUS)であることが多くその時に患者を診るときに患者中心の医療(PCCM)の考え方が役に立つのです。これらは医師のための知識であることも多いのですがリハビリテーションの分野でのノウハウも見かけることがあります。東洋医学や鍼灸とも親和性が高い話で医師や他職種の方たちがどのような知識を習得しているのか?知っておくのが良いのでまとめておきます。(少し専門性の高い話になりますが一般の方にも役立つ話ですので興味ある方はご覧ください。)

鍼灸含めた代替医療分野はかつてカウンター的な意味合いで「現代医学は検査中心で患者を診ない。画像や数値ばかり見ている。人を見ない。一人一人をみる代替医療や伝統医学こそが患者中心の医療である。」、「不定愁訴・自律神経失調症など医学的に説明できないような症状をみれるのは代替医療や伝統医学だ。」というニュアンスの言説も多かったように記憶しています(一例)。しかしながら医学は日進月歩で進化しています。検査や数値中心に診るよりも人間全体で見たほうがいい場合もあり、その逆もまたしかりです。現在は患者中心の医療の考え方も数多く登場しています。BPSモデル、NBM、今回まとめるPCCMの話もその一例にあたります。たしかに不定愁訴や自律神経失調症などと言われる分野は鍼灸含め伝統医学が得意なことではあるのですがだからこそ現代医学的にはどのように考えるのか?それらを勉強しより良いサービスを鍼灸院でも提供したいと思うのです。

患者中心の医療とはPatient-centered clinical methodのことでPCCMと略されたりします。医師の技法は多様で内科医は薬剤による治療に長けており、外科医はさまざまな器具を用いた手術法を習熟しています。その根底に有るのは「症状→身体診察→検査→診断→治療(薬物、手術など)」というプロセスです。PCCMは科学的な診断・治療に加え一人ひとりの患者が抱える諸々の事情を考慮した上で、それぞれにあわせたの検査や治療方針を立て、医師と患者の双方が納得いく治療を展開する臨床技法のことです。これは患者さんの望み通りの医療を無批判に提供するだけでなく、「・・様」とお客様扱いするだけの医療でもありません。医師と患者の関係で議論を重ね共同作業で医療を作り上げていくというイメージが近いでしょうか。

患者中心の医療を図にすると以下になります。こちらのページを参考にしました。

1、狭義の患者中心

①自分の考えや気持ちに沿っていること ②じっくり話せること、十分な知識を得られること ③家族らと一緒にいられること

2、広義の患者中心

上記1、に加えて 2、身体的な安静 3、心の支え4、継ぎ目のないケア も含まれます。

・・・一方「医学的に説明できない症状」のことを英語でMedically Unexplained Symptom といいMUSと略されます。これは文字通り様々な症状があり、十分な診察や検査等をしてもその原因を医学的に説明できない状態を指しています。厳密にはさらに類似する概念として機能性身体症候群(functional somatic syndoromes:FSS)、身体症状症(somatic simptom disorder:SSD)などがあります。FSSは「訴えられる症状やや苦悩の程度が確認できる組織障害の程度よりも大きいという特徴がある症候群」のことです。過敏性腸症候群や機能性ディスペプシア、線維筋痛症など個々の診断定義が整っているものもあります。精神面→身体面に影響を及ぼしていると考えられることが多いです。SSDは「一つかそれ以上の身体症状を訴える者のうち身体症状や健康に関する思考や行動、感情が過剰であるもの」と定義されています。FSSとの違いは器質的疾患の有無を問わないという特徴があり身体面→精神面に影響を及ぼしているという見方もできます。不安障害や精神障害の合併も少なくありません。MUSはこれらを包括する概念で一般的には自律神経失調症、不定愁訴などという呼ばれ方をすることもあります。

そもそもですが、「疾患がないのに症状がある(取れない)のはおかしい」という考え方が医療者だけでなく患者にもあります。またなかなか改善しないような疾患も決して少なくはないのですがその時に状態をよりよくする、QOLあげるwell beingという考え方が重要になってきます。

鍼灸院へMUSが疑われる方が来所した場合「まずは器質的疾患(病気)でないか?」の確認が重要です。鍼灸院では、病院でどんな検査や診断を受けたか?どんな薬を処方されたか?(当たり前ですが減薬指導などはしません)まずは聞き取り把握していきます。ほとんどの方は病院で検査や診断を受けて「異常がない」と言われていますのでさほど心配はありませんがアメリカのプライマリケアクリニックでは診断エラーも5%生じるというデータがあることを頭に入れておく必要もあります。薬剤の副作用や内分泌・代謝疾患、自己免疫疾患、精神疾患などが隠れている可能性もあります。女性では更年期障害やPMSなどの女性特有の問題と混同される場合もあります。そのため(経過観察等)病院への通院継続を勧めます。患者希望や状況によっては漢方内科や婦人科などの通院も勧めることもあります。まずは鍼灸院でもしっかりとお話を聞かせてもらいます。鍼灸治療も並行して行うことで改善に向かうことも多いです。

また鍼灸院でも患者が納得するような説明を心掛ける必要があります。患者のフレームワーク(考え方や価値観)を探りそれらを否定せず、信頼関係を築きながらも(必要ならば)病院で医学的検査を受けるよう勧めたりして患者の不利益を回避する必要があります。鍼灸院を訪れる患者のフレームワーク例には以下のようなものがあります。

・鍼灸院の先生は親身になってくれる

・なるべく薬は飲みたくない。病院に行きたくない。

・人に迷惑をかけたくない。

・身体を冷やしてはいけない。等

避けるべき対応としては1、患者のフレームワークに合致しない説明や2、不適切な正常化があります。例えば患っていることの否定、根拠の乏しい「大丈夫ですよ。」、異常がないことの強調などです。「自律神経調整障害モデル」や「シグナルフィルターモデル」などを使って上手に説明することが大切です。

自律神経調整障害モデル

交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって症状が出現すると説明するモデルです。動機や息切れ消化器症状などの説明に向いています。

シグナルフィルターモデル

過敏になってしまっている、と説明すると非難されていると取る方がいますが「刺激を感受するフィルターが機能しなくなっている」と説明すると受け入れてもらいやすいです。耳鳴り、過敏な症状に対し有効な説明です。

まとめ

田無北口鍼灸院では医学的に説明できない症状に対してもしっかりとお話を伺い、鍼灸というタッチセラピーを通しお気持ちに寄り添う最大限の努力をいたします。その上で現代医学的な考え方の説明や病院紹介などのサポートもしております。なにかあればまずはご相談ください。より良い状態(wellness,well being)を目指していきましょう。

*参考:総合診療の視点で診る不定愁訴(日本医事新報社)

「忙しいから予定がたちません。」という方へ。~そのままではあまりよくならないので治療・回復に集中した方が良いです。キャンセルポリシーに関して。

弊所で施術・相談を行っていますと

良くなる方もいれば

良くならない方もいます。

 

症状や状況にもよるので

一概には言えませんが

ほとんどの場合で

「治療に集中しない方」は

良くならないです。

 

どういうことかといいますと

・ 自己免疫疾患(橋本病・クローン病など)

・ 腰痛症(しびれ・ヘルニアなど)

・ 自律神経失調症(めまい・耳鳴りなど)

・ 頭痛(片頭痛・緊張型頭痛など)

・ 慢性疼痛

 

・・・何でもよいのですが

持病があったり

それに伴う症状があったりして

それを改善したいと思って

弊所へ来所される方が多いのです。

 

持病や生活習慣が原因で

症状が悪化している状態なので

休む時間の確保や、

治療のための時間確保が

まずは一番大切になってきます。

だから治療に集中いてください、

とお伝えします。

また病院に行くも

「検査の結果、異常ないです。」

「しっかり休んでください。」

「ストレスの問題が大きいです。」

などといわれていることもあります。

 

それでも生活習慣を変えず

「忙しいから治療のスケジュールが立たない」

「仕事や家の用事が空いた時間に治療しよう」

ということを言う方がいます。

 

鍼治療をやったところで

結局はよくならないことも多いです。

というよりも、そのような考えでは

何をやっても絶対によくならないでしょう。

 

まずはご自身のスケジュールを見直し

治療や回復の為の時間を確保することを

オススメします。

 

症状を改善させるということは

簡単ではありません。

治療に集中しましょう。

そうしなければよい結果が得られません。

 

ですのでこちらの指導を守れない方や

弊所の方針に合わない方

説明してもご理解が得られない方は

施術をお断りすることもあります。

 

・・・

例えば先日こんなご相談がありました。

・ 高血圧

・ 頭痛

・ 持病の糖尿病

をお持ち。

身体が疲れやすいので改善してほしい。

「でも忙しいから月に1度来れるかなあ??」

とのことでした。

良くご説明させていただき

弊所での施術はお断りしました。

 

治療に集中しない方はよくならないためです。

大事なことなので2回書きます。

 

忙しい・予定がたたない方こそ

まずは治療のためのスケジュール確保が大切です。

そうしなければあなたの身体は変わりません。

キャンセルポリシーについて

ご連絡なしでの

当日キャンセルは100%金額を

請求させていただきます。

 

直前キャンセルもほかの方のご迷惑になります。

ご理解、ご協力をお願いします。

めまいに対する鍼灸治療と病院(耳鼻科)の検査に関して。

めまいや耳なりの症状で

鍼灸院を訪れる方は多いです。

 

それらほとんどの方はすでに病院に

いっている場合が多いです。

 

「病院を受診したがいまいちスッキリしない」

「異常なし、とのことだが症状が残ってる」

「自律神経やストレスの問題といわれた」

「病院での治療を受けているが

プラスアルファの治療として鍼灸をしたい」

 

そんな理由で鍼灸院を選択することが

多いようです。

まためまいや耳鳴りがあるが

「そもそもどこを受診していいかわからない」

という方も数多くいらっしゃいます。

そのような場合は弊所から

病院への受診を促すこともあります。

めまいや耳なりは緊急性を伴う場合も

存在するためです。

 

鍼灸や東洋医学は大変素晴らしいもので

様々な症状に対応できますが

決して通常医療(西洋医学・病院での治療)を

否定するものではありません。

 

お互いのよいところを補いあいながら

(補完関係といいます)

最速でよい結果を目指すことを

オススメしています。

 

本日はめまいが出た時に

耳鼻科ではどんな検査をするのか?

書いていきたいと思います。

 

耳鼻科での検査・一例

めまい症状出もたくさんの病気が存在します。

それぞれ診断基準が存在しますので

診断に至るまでには

医師が患者さんから細かくお話を聞きとったり

(問診)

また様々な医学的検査をしたりします。

 

ここではめまい症状で耳鼻科にて

行われる医学的な検査の例をあげます。

 

*病院(耳鼻科)ではどのような検査をしたか?

弊所でも細かく聞いていきます。

まずはご相談ください。

 

身体のバランスの検査(平衡感覚)

身体がふらふらしている時は

歩いている時もバランスが崩れたりするので

その動きを見ていきます。

 

耳内の検査

耳の中に腫れや炎症など異常がないか

調べていきます。

 

聴力検査

めまいの原因は耳の問題であることも

多いために耳のきこえを検査します。

高音域の聞こえが悪いか?

低音域の聞こえが悪いか?

などの判別をしていきます。

 

眼振検査

目が振り子のようにうごくことを

眼振といいますが

身体の平衡が乱れる時に眼振の

乱れもひどくなります。

特殊なメガネをかけて検査していきます。

フレンツェル眼鏡

眼振を電気的にとらえて記録する

電気眼振図検査というやり方も

あります。

 

血液検査・血圧検査

糖尿病、強い貧血、梅毒などでめまいが

生じることもあるために

血液や血圧の状態を検査します。

 

レントゲン検査

首や耳の骨の状態を確認するため

レントゲン検査を行うことがあります。

血管や神経などさらに

細かい検査が必要な場合は

CT、MRIなどの検査をすることもあります。

 

ほかには重心動揺検査、温度刺激検査なども

あります。

上記にあげたものは一例ですが

耳鼻科で診断に至るまでには

このような検査を行うことが多いのです。

 

めまいの際病院(耳鼻科)で処方される薬・例

あくまでも一例です。

お薬は医師の指示通り服用しましょう。

 

アデホスコーワ

メニエール病、内耳障害などの際に

処方される。

 

メリスロン

内耳の血流を促進、回転性めまいを

和らげる。

 

プレドニン

ステロイド。抗炎症作用。

 

メチコバール

末梢神経の修復。

「耳鳴り」で悩む方が、鍼灸治療を選択するときの注意点について。

弊所で施術、

および治療相談活動を行っていますと

「耳鳴り」を中心とした

耳鼻科領域の相談をいただくことが

数多くあります。

 

どのようなことに注意し

相談に応じているかまとめていきます。

 

(1)緊急性を要する・危険な兆候もある

まず最初に病院に行ったか?

またどんな検査を受けたか?

どんな薬が処方されたか?

どんな診断が出たか?

・・・

などのお話は必ず詳しくお聞きします。

なぜかといいますと

危険な場合もあるためです。

 

一例をあげますと

拍動性の耳鳴り

(ドクンドクンと血管のような音)

は動脈瘤が疑われますし

腫瘍などが原因で耳鳴りが生じている

こともあるためです。

 

すでに病院で診察を受けていて

あまり改善しなくて

鍼灸院に相談に来る場合などは

問題ありませんが

病院に行ったかどうか?は

必ずしっかり聞くようにしています。

 

(2)筋緊張(ストレス性)の

耳鳴りには鍼灸が有効

 

一通りの検査を行い

医師から

「自律神経の問題」

「ストレスのせい」

「筋緊張の原因」

といわれている場合などは

特に鍼灸が有効だと思います。

 

100%改善するということではありませんが

薬で改善しなかったものが

良くなることも多いに考えられます。

 

弊所ではカウンセリングを

しっかり行い必要な場合には

耳鼻科への受診も勧めます。

「どうしていいかわからない場合」

などはお気軽にご相談ください。

突発性難聴と鍼灸治療

(1)突発性難聴とは?

感音性難聴の一種で片方の耳が

突然聞こえにくくなる病気です。

 

一般的には40代から50代が

なりやすいといわれていますが

若い人がなることもあります。

歌手の堂本剛さんや浜崎あゆみさんが

患ったというニュース

もあります。

 

原因は

不明ですが

ウィルス感染や血液の循環障害が

原因という説もあります。

 

症状としては

旧厚生省が1973年に

診断の手引きを出しています。

 

<主症状>

1.突然の難聴。

文字通り即時的な難聴、

または朝、眼が覚めて気付くような難聴。

ただし、難聴が発生した時

「就寝中」や「作業中」など、

自分がその時何をしていたかを明言できるもの。

2.高度な感音難聴

3.原因が不明、または不確実

<副症状>

1.耳鳴り

2.めまい、および吐き気、嘔吐

<診断の基準>

確実例 :

主症状、副症状の全事項をみたすもの

疑い例 :

主症状の1.および2.の事項をみたすもの

*参考

「突発性難聴 症例における問題点について」

 

(2)なかなか完治しずらい

突発性難聴になってしまうと

なかなか完治しずらいという問題があります。

前述した歌手の堂本剛さんも

発症してからすぐ入院したようです。

 

ストレスを避けて

治療に集中するのに

入院は有効な方法でしょう。

 

堂本さんは売れっ子歌手なので

スケジュールの調整など

大変だったことが予想されます。

通院しながらの治療はもっと大変でしょうね。

 

また入院して治療したにもかかわらず

治療は継続しているようで

浜崎あゆみさんは現在も

耳が聞こえずらい状態が続いているようです。

 

耳の病気なので歌手に多いのかと

思いますがそういったことでもないようです。

 

(3)こんな論文もあります

医師の先生がブログで

このような海外の論文を紹介していました。

地域医療日誌

「突発性難聴に鍼治療は効きますか?」

 

結論から言うと

・ 聴力は少し改善するかもしれない

・ ただまだ検討の余地が必要

などといったことがかかれています。

(興味ある方は詳細を上記リンクから

見てみてください。)

 

いまのところ

特に有効な薬はないので

鍼治療を受けたいという方が多いのも

うなづけます。

 

また血液の循環障害が

悪影響を及ぼしているのだとしたら

鍼灸は血流の改善にも効果があります。

 

すべての方が何回施術を受けると

必ず回復する、

という性質のモノではないですが

もしもお困りの方や鍼灸をご希望の方は

一度ご相談いただければと思います。

 

また耳鳴り症状も

様々な原因で起こります。

 

緊急性が疑われる場合などは

病院での診察もオススメしますので

お気軽にご相談ください。

耳鳴りと鍼灸治療に関して。~耳そのものの病気や脳・神経の病気でなければ鍼灸で改善する理由について。

耳鳴りがする、

ということで鍼灸院に相談に来る方は

多いです。

 

そのような場合

ほとんどの方はすでに耳鼻科や

心療内科などに行かれていて

検査をするも特に異常なし

といわれ困って相談に来るというパターンです。

*いきなり鍼灸院に相談に来る方はあまりいません。

 

耳鳴りが発生する原因も様々で

耳の病気や脳や神経の病気など

様々な原因で耳鳴りが発生することもありますので

まずは耳鼻科で診察を受けたり

神経内科などで検査を受けたり

ということはとても大切です。

 

ところが検査の結果異常なし。

原因は不明、だけども

症状は強く残っているという方は

以外に多いです。

 

・ 耳鳴りの原因がストレス??

→ ならば鍼灸は効果絶大という話

 

先日毎日放送という

テレビ局が制作した番組で

こんな話がありました。

「耳鳴りの原因はストレス」

という話です。

 

簡単にまとめますと上記リンクでは

以下のような説明がなされてます。

*詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

 

 

(1)そもそも耳鳴りは誰でも起きてる

自覚がないだけで誰でも耳鳴りは起きていて

普段耳鳴りの自覚がない人も

無響室(完全に音がない部屋)の中に入ると

「キー」

という音を感じる。

 

(2)耳鳴りは脳が作りだしている!?

そもそも音が聞こえる仕組みは

空気の振動 → 有毛細胞 → 脳へ

という流れなのですが

有毛細胞は加齢とともに抜け落ち

失ったものは元に戻りません。

聞こえたりなくなった部分を脳が

自ら補おうと音を作り出します。

これが耳鳴りの正体です。

 

(3)耳鳴りの原因はストレス

脳の中にある「中枢自律神経線維網」

は交感神経の興奮で過敏状態になる。

つまりストレスによる自律神経の乱れが

耳鳴りを表面化させ悪化させる。

 

・・・

さすがにすべての耳鳴りの原因が

ストレスだけで発生している

ということはないでしょうが

検査の結果特に異常がない場合で

まだ耳鳴りが続いている場合など

 

鍼灸施術で症状が改善するのには

こういった理由もあるのだと思いました。

 

ストレスが原因の耳鳴りだとしたら

鍼灸治療は本当に効果があると思います。

 

耳鳴りと一口に行っても

様々なパターンがありますし

お困りの方はまずは弊所まで相談ください。

 

じっくりお話を伺い対応可能か

検討・ご説明させていただきます。

 

田無北口鍼灸院、自律神経失調症や耳鳴り・目まい・不眠症などの施術と改善までの目安 ~西東京でパニック障害など等に悩まされてしまったら、各種調整・鍼灸がおすすめです。

田無北口鍼灸院は

自律神経失調症で悩んでいらっしゃる方が

数多く来所されたくさんの改善実績がございます。

お困りの方はご相談お願いします。

042-497-4586

田無北口鍼灸院へ連絡ください。

 

 

<改善された方の感想>

~施術を受けるとこうなります。

a0002_010420

(1)ニックネーム みやびさま 

「頭痛症状が楽になりました。」

女性 30代 

施術感想

1か月前からお世話になっています。

(おそらく自律神経失調症が原因と思われる)

慢性的な肩こりと腰痛、頭痛が

毎日のようにあり辛かったのですがお伺いするごとに

少しづつ楽になり

手放すことができなかった頭痛薬も

ほとんどのまなくなりました。

 

その日の体調を詳しく聞いてくださり

その時に合わせた施術をしてくれるのが

うれしいです。

日々よくなっていることを実感しますので

これからも続けて

お世話になっていこうと思います。

 

(2)ニックネーム YOさま 

「腰痛や肩コリが楽になりました。」

女性 40代 

施術感想

病院では自律神経失調症だ、と診断されています。

 

一年以上前から肩こり、頭痛・腰痛に悩まされていて

最近では日常生活もままならなく

起きるのも辛かったり

育児もあまりできなかったのですが

施術を受けて久々に

肩あたりがすごく楽になりました。

 

本日もここ最近で一番調子が悪かったのですが

いろいろ話して施術をしてくれたので

安心して受けれました。

 

今まで調子が悪くて子供たちを

どこにも連れて行ってあげられなかったので

ぜひ続けてお世話になって

元気で子供たちを連れてどこかに行きたいです。

(3)ニックネーム tomocoさま 

「頭のすっきり感が違います。

スムーズに眠れます。」

女性 30代 

施術感想

自律神経の乱れで、肩こり、

首こり、頭痛の時にいつも

お世話なっています。

針をしていただくことで頭のすっきり感が

違いますしいつも眠るまでの時間がかかりますが

スムーズに眠りにつくことができます。

 

大変人気ですのでいつも事前に予約してから

行くことにしています。

 

ツライところを主にやってくださったりして

とても助かっています。

(4)ニックネーム ひろさま 

「血流が良くなりぽかぽか。胃も楽になりました。」

男性 30代  

施術感想

常に肩こり、首こり、自律神経の乱れを

感じていた。

 

施術を受けて血流が良くなり

体がポカポカした。

また体の軽さも感じることができた。

 

非常にわかりやすくまた

丁寧に説明していただき

治療を施してもらえるので

安心してお任せでき満足。

 

 

<自律神経失調症とは?>

a0002_010329

日本心身医学会では

「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、

しかも臨床検査では器質的病変が認められず、

かつ顕著な精神障害のないもの」

と暫定的に定義されている。

疾患名ではなく

「神経症やうつ病に付随する各種症状を総称したもの」

というのが一般的な国際的理解である。

 

<症状としては?>

様々な症状が体に現れます。

朝起きられない、眠りが浅い(睡眠障害)

めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、

緊張するようなところではないのに脈が速くなる、

血圧が激しく上下する、立ちくらみする、

耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、

過呼吸、生理不順、

つばが飲み込めない、

食べ物がのどに詰まる感じがする

といった身体症状から、

 

人間不信、情緒不安定、

不安感やイライラ、抑うつ気分など

(うつっぽい、パニック障害傾向)

精神的な症状が現れることも多いです。

 

・・・・しかしながら

病院に行っても

「ストレスが原因です」と言われるだけで、

自分自身ではその原因や対処方法がわからず

ますます不安・症状が悪化する人も多いのです。

 

<なぜ自律神経失調症になるの?>

a0002_008011

生真面目な性格や完璧主義者の人が

このような症状に陥りやすいとも言われますが

やはり圧倒的な理由は「ストレス過多」です。

仕事

育児

人間関係・・・

それらのストレスに加えて現代では

スマホやPCの使い過ぎによる

ストレスも見逃せません。

a0002_007988

神経の疲れと同時に体も疲れていれば、

ぐっすり休めるのですが

デスクワークなどであまり体は使わず

頭や神経だけが疲労すると

熟睡できずストレスがどんどん蓄積して、

症状が悪化してしまう、という

悪循環に陥る方も数多いです。

 

またエアコンの使い過ぎなども

体温調節が下手になる原因の一つで

自律神経に悪影響を及ぼすといわれています。

便利なことも

度が過ぎるとストレスに代わってしまうのです。

 

<自律神経失調症の施術>

耳鳴りや目まい、気分がすぐれないなどの症状は

他の病気とも混同しやすいため

注意をしながら施術を行っていきます。

 

★一例をあげると耳鳴りなどはメニエール病、

気分がすぐれない場合は

うつ病などの可能性もあります。

心配な方はご相談ください。

適切なタイミングで病院も紹介いたします。)

 

弊所では以下のような施術を行い

改善を狙っていきます。

 

(1)バランス調整

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

触りながら状態を確認し

全身の筋肉や骨格のバランスを整えていきます。

手や足などの末梢まで血行をいきわたらせると

全身のバランスも良くなっていくことが多いのです。

 

(2)鍼灸(はりきゅう)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鍼灸によりリラックス効果を高めます。

一例ですが、耳鳴りなどがある方は

胸鎖乳突筋周辺のバランスが

悪いことも多く

頸部や耳周辺のバランスをとるだけでも

症状が落ち着くこともあります。

 

鍼灸は、WHO(世界保健機関)からも

神経症状に対し有効だとの報告がなされています。

 

(3)温熱療法

写真 (43)

腹部や末梢を丁寧に

温めることで自律神経の安定を狙います。

 

(4)頭部の調整

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自律神経失調症の方は頸椎や頭部が

過緊張を起こしていることや

逆に力が入っていない状態のことが多いです。

鍼なども使います。

 

 

・・・一回で

ある程度効果を実感できる方もいれば

時間がかかる方もいますが

ほとんどの方がしっかりと効果を感じてます。

 

基本的には体質改善になります。

少し時間がかかることもありますが

休職中だった方が復帰された例なども

ございます。

頑張って一緒に体調をよくしていきましょう。

 

 

 

ご自宅でできるセルフケアなどもお伝えしますので

当院の施術と合わせて

ご自分でもケアされますと

より一層効果が実感できると思います。

 

042-497-4586

田無北口鍼灸院へ連絡ください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ