カテゴリー: 自律神経(パニック障害・うつ傾向、めまい、耳鳴りなど)のこと

「女性ホルモンの不調」について

女性ホルモンとは…
女性ホルモンとは、

卵巣でつくられる2つのホルモンの総称です。
女性の一生を通じて肌や身体、

心や脳にまで様々な影響を与える物質で、

成長や新陳代謝、

生理のサイクルや妊娠、

出産に深く関係するものです。

 

女性ホルモンには

卵胞ホルモン(エストロゲン)と

黄体ホルモン(プロジェステロン)があります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は

卵胞の成長を促し、

妊娠までの準備に深くかかわります。

黄体ホルモン(プロジェステロン)は、

排卵直後から卵巣でつくられます。
受精卵が子宮に到達したときに

着床しやすいよう子宮内膜をやわらかくし、

体温を上げる作用があります

 

女性ホルモンが乱れるとどうなる?
女性ホルモンが乱れると、

月経トラブルや更年期障害、

肌あれなど女性特有の悩みや

自律神経失調症

メンタルにも影響が出ます。

 

また、美容やダイエットにも

大きく関わってきます。

具体的には月経前症候群(PMS)、

生理痛、生理不順、ほてり、息切れ、

ニキビ、食欲異常、頭痛、眠気、不眠、

倦怠感、イライラ、集中力低下、

憂鬱など多岐にわたります。

 

日常生活でできる!

女性ホルモンの乱れ対策!

① 運動不足

②睡眠不足

③食生活の乱れ

④ストレス

が原因の一つであるといえます。
思い当たる節がある方は、

まずこれらを解消しましょう。

 

① 運動不足

体を動かす習慣を増やしましょう。
例えば階段を使う、

朝晩ストレッチをする、などから

始めてもよいでしょう。
身体を動かすことで

血行が改善され、代謝が上がります。

 

② 睡眠不足

早寝早起き、

十分な睡眠時間を取りましょう。
寝ている間にホルモンは

分泌されます。

また、夜更かしは

心身共にストレスにつながります。

 

③ 食生活の乱れ

栄養バランスを考えた

食事をしましょう。

特に野菜不足にならないように

意識しましょう。
また、過度なダイエットは

避けましょう。

十分な栄養素を取ることで

はじめて体の機能が正常に働き、

ホルモンが正常に分泌されます。

 

④ ストレス

日常生活で一日の中で

リラックスできる時間を

持つようにしましょう。
ゆっくりお風呂につかる、

気分転換できる事をする、

意識的にほっと一息つける場所を

設けるのもよいでしょう。
ホルモンは脳の視床下部から分泌されます。

視床下部はストレスが与えられると

働きが低下してしまいます。

さらに、喫煙・過度な飲酒は

ホルモンバランスの悪化となります。


女性ホルモンを味方につけて、

快適な毎日を♬

アラサー・アラフォー世代になり、

疲れやすくなり、疲れも取れなくなった・・・

免疫が落ちている気がする・・・。
加齢による影響は美容面にも現れますよね。

美しさは、健康の土台があってこそ成り立ちます。

ホルモンバランスは簡単に乱れます。
日々の生活を見直し、

改善し、笑顔で快適な生活が送りましょう♪

..........................................

ご注意

ご自身の不調やホルモンバランスの問題ではなく

病気が原因の場合もあります。
不安な場合は、自己判断せず一度婦人科に行きましょう。
鍼灸治療は女性特有の症状の軽減が期待できます。
また弊所は適切なタイミングで病院もご紹介で来ます。

お気軽にご相談ください。

 

自律神経失調症

女性に多い疾患(生理痛、だるさ、

むくみ、朝起きれない、イライラするなど)

に対する施術も得意としています。

 

女性スタッフもおります。

まずはお気軽にご相談ください。

自律神経失調症と病院

a0001_014058

弊所を訪れる方で、

自律神経失調症の症状でお悩みの方は

 

・ 病院に行って精密検査を受けたが特に異常はなかった。

・ 病院で異常なし、といわれただけで

特になにもしてもらえず不安。

・ 病院で薬を処方されたがあまりよくならない。

 

・・・というように病院で一度は診察を受けたが

あまりよい結果を得られなかったということで

相談に来る方も数多いです。

 

また睡眠薬などをはじめとする

お薬をあまり飲みたくないため

鍼灸や整体などで何とかならないかと

相談に来る方も数多くいらっしゃいます。

 

・・・自己判断で薬をやめたりするのも

あまりいいこととはいえませんし

本来は医師に相談しながら

鍼灸などの施術も併用して行うのが良いのですが

そのような不満を口にされる方は

そもそも信頼関係を築けていない方も多いようです。

 

病院によっては

・ カウンセリング

・ 漢方薬中心の処方

・ 女医さんによる診察

などもしてくれます。

 

・・・が、自律神経失調症

病気のカテゴリーとも少し違うため

そのようなミスマッチが起こってしまうこともあるようです。

 

適切な医療の受診機会を逃してしまうと

結局はその患者さんにとってマイナスになることもあるため

弊所では必要ならばしっかり医師の診察を受けること

お勧めしています。

 

病院に行くタイミングなどにもお答えできますので

何かあればお気軽にご相談ください。

自律神経失調症と鍼灸について

1、自律神経失調症とは・・・?

43522734_s

全身倦怠感、めまい、頭痛、
動悸、血圧の上下、下痢、不安感、緊張、
イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、
食欲不振、不眠

・・・
さまざまな症状がでます。

自律神経失調症とは
はっきりした身体の病気がないのに、
からだに出る状態のことです。

しかしながら

これらの症状から安易に自律神経失調症と
自己診断してはいけません。
うつ病やパニック障害などの可能性もあります。

*まずは専門医の診断を受けることを
オススメします。

・・・
一方、なんらかの身体の病気があって、
その原因や経過に
心理的なものが深くかかわっている場合を
心身症といいます。

たとえば、ストレスによる胃潰瘍(かいよう)や
高血圧、気管支ぜんそく、
過敏性腸症候群といったものです。

心因的な要素が大きい自律神経失調症や
心身症はともに病態を表し、
病名ではありません。

44850148_s

2、そもそも自律神経とは

自律神経とは、
自分の意思ではコントロールできない
自動的に働く神経のことです。

意識してもできない事は
ほとんど自律神経がつかさどっています。

内臓を動かす、
血液を流す、
栄養を吸収する、
老廃物を回収する、などです。

自律神経は活動する神経といわれる
『交感神経』と、

休む神経といわれる
『副交感神経』の二つに分類され、
必要に応じて自動的に切りかわって
働くようになっています。

健康な毎日を過ごすには、
相反する働きをする
交感神経と副交感神経、
この2つのバランスが保たれていることが
とても大切です。

自律神経は生活のリズムや感情、
環境の変化などに影響を受けます。

自律神経のメカニズムからすると、
交感神経は昼、
副交感神経は夜、働くのが正常といえます。

ところが、夜更かしが続いたり、
体に無理を強いる肉体的なストレスや、
悩み心配事などの
精神的なストレスが続いたりすると、
交感神経が過緊張に陥り、
副交感神経の働きが抑制されてバランスをくずし、
ほてりや冷え、頭痛、めまい、
不眠症など様々な症状を起こします。

12080319_s

3、自分でできる対策

たとえば仕事が原因でストレスが続き

自律神経失調症になってしまっている場合

自分自身でそのストレスを取り除くのは難しいですが

自分でコントロールし改善できることもあるので一例として

挙げておきます。

1 、規則正しい生活を心がける

38720648 - woman in bed

夜型生活、睡眠不足、食生活の偏りなどの生活習慣の癖は、

自律神経の乱れを起こしやすくなります。

気づきにくい悪癖こそ、治すのも難しいですが根本的な解決になります。
日頃の生活習慣を見直してみてください。

.
2、ストレスをためない。

505204_s (1)
お疲れはその日のうちに解消しましょう。

入浴剤を入れて、たまにはお風呂に

しっかり浸かるのも効果的です。

また、散歩をして自然の景色を見る、

ペットなどと触れ合う、

アロマセラピーや家事等の軽減もたまには必要かもしれません。

 

3、有酸素運動をする

42454059_s

体を動かして疲れさせることで、安眠につながります。

特に下半身をメインで使うウォーキング、

ジョギング、サイクリング、階段昇降もオススメです。

4、鍼灸治療や吸い玉療法もかなり有効

50116044 - asian women are receiving acupuncture treatment of back

WHO(世界保健機関)では、
自律神経失調症は
鍼灸治療で効果があると認めています。

また自律神経失調症の方は、
副交感神経(リラックスモード)への
切り替えスイッチが苦手な方が多いです。

現代社会では、
常に仕事の緊張感にさらされ、
自宅でも気分が落ち着かず
イライラピリピリモードのままの方が
多くいらっしゃいます。

鍼灸治療・吸い玉療法では、
神経系にもアプローチが可能です。

10613151_328153940693549_3815554977979475856_n

特に、副交感神経への切り替え
スイッチになるような
穏やかな治療をすることで、
リラックスモードへのお手伝いが可能です。

自律神経の乱れは、
前述したように生活習慣や考え方、
癖などにより起こるものも多くあります。
よって、鍼灸治療の力を借りても
これらの習慣を治さない限り、
根本治療が難しくなります。

なかなか治しにくい癖は、
なかなか見つけにくく、また完治に時間がかかります。

当院ではお話をお伺いしながら、
原因となる癖も共に探り、
今後再発しないような体つくりの
お手伝いを目指します。

お気軽にご相談ください。

自律神経失調症とうつ病位の違いについて~田無北口鍼灸整骨院の解説

うつ病、自律神経失調症も

近年良く聞くようになった名前ではないかと思います。

 

どのような症状が出るのか?

まずは見ていきたいと思います。

 

(1)うつ病の症状

うつ病の症状には次のようなものがあります。

(心の症状)

・ やる気が出ない

・ なんとなく気分が落ち込む

・ 憂鬱だ

・ 集中力が低下し仕事がはかどらない

・ 今まで好きだったことや趣味にも興味が持てなくなった・・・など

(体の症状)

・ 眠れない 夜中に何度も目を覚ます

・ 食欲低下(時に増加)

・ 体がだるい 疲れが取れない

・ 月経不順

・ 頭痛

・ 便秘

・ 息苦しさ・・・など。

 

(2)自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状には次のようなものがあります。

(心の症状)

・ 怒りっぽくなる

・ すぐに悲しくなる

・ やる気が出ない

・ 集中力がない

・ 情緒不安定になる

(体の症状)

・ 頭痛 頭の重さ

・ 目の疲れ 目が乾く

・ 耳鳴り 耳の閉そく感

・ のどの圧迫感 飲み込むときのつらさ

・ めまい

・ 汗

・ 肩こり

・ 疲れやすさ・・・・など。

 

(3)うつ病と自律神経失調症の違い

うつ病も自律神経失調症も、症状は似ています。

どちらもストレスが原因で起こるものですが

それぞれ違いがあります。

 

うつ病はストレスが原因で脳内の神経伝達物質の分泌異常

がおこっています。(セロトニン等)

 

自律神経失調症は自律神経のバランスが乱れて

症状が現れている状態です。

 

簡単にいうと

セロトニンなどの脳内物質の効果を打ち消すくらい

過緊張が続いたとき自律神経失調症として

症状が体の外に出るのです。

 

まず体の症状が中心の自律神経失調症が起こり

そこから放置しておくとうつ病に移行してしまう

ということも多いようです。

 

体の不調や変化はサインです。

見逃さないで休息を取る、しっかり治療を受ける

などの対策していきましょう。

 

★自律神経失調症などでお困りの方はこちらから・・・

まずはカウンセリングを行います。

 

16029529_s

自律神経失調症とは??~主な症状についてもまとめ。

<1>自律神経失調症が原因?

めまいや不眠症など・・・

42488128_s (1)

目眩(めまい)や不眠症など

様々な症状に悩まされて

病院を受診、

MRIやCTなどの

精密検査をするも

脳などには特に異常がなく

「ストレスですね。」

「自律神経失調症が原因です。」

などといわれ、

心配になってしまったり

どうしてよいかわからず

弊所に相談に来る方がいらっしゃいます。

 

ご本人はめまいだったり、

不眠症だったり、

動悸がしたり、

パニック障害のような症状に悩まされ

困ってしまうのです。

 

現代はストレス社会です。

<2>病院では治らない??

image_11992_640_0

自律神経失調症が原因だとすれば

病気やケガとは少し違い

体の機能が落ちてしまっている状態です。

 

ですので、

病院の治療(投薬など)ではなかなか

改善しないことも

多いのではないでしょうか?

 

しかしながら

病院への通院が無駄かといいますと

そうではありません。

 

思わぬ病気が潜んでいることもありますし

やはりCT、MRIなどの検査や

医師の診察は受けておいたほうが良いと思います。

 

また鬱病が原因で

自律神経症状がでる場合もあるため

注意が必要です。

 

自律神経症状が強い場合、

自分で運動などするのは

ハードルが高いので

はり灸マッサージ、

各種調整などの施術がオススメです。

 

*もしも不安な場合は担当の医師に

「はり灸などの施術を受けてもいいか?」

伺ってみるのもいいかもしれません。

 

<3>自律神経失調症とは??

自律神経とは心臓を動かしたり、汗をかいたり

自分ではコントロールすることができない

自律的に働く神経のことを言います。

 

簡単に説明しますと

活動的な「交感神経」と

休む神経の「副交感神経」が

交互に切り替わって働くのですがその働きが

弱くなってしまった状態が

「自律神経失調症」なのです。

 

<4>自律神経失調症の主な症状

自律神経失調症は病気ではないものの

以下のような症状が体に現れて

不調をきたしてしまいます。

頭  頭痛、頭重感

耳  耳鳴り、耳の閉塞感

口  口の乾き、口中の痛み、味覚異常

  疲れ目、なみだ目、
目が開かない、目の乾き

のど  のどの異物感、のどの圧迫感、
のどのイガイガ感、のどがつまる

心臓・血管系  動悸、胸部圧迫感、
めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動

呼吸器  息苦しい、息がつまる、
息ができない、酸欠感、息切れ

消化器  食道のつかえ、異物感、吐き気、
腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、
胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる

 手のしびれ、手の痛み、手の冷え

  足のしびれ、足のひえ、
足の痛み、足がふらつく

皮膚  多汗、汗が出ない、
冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ

泌尿器  頻尿、尿が出にくい、残尿管

生殖器  インポテンツ、早漏、射精不能、
生理不順、外陰部のかゆみ

筋肉・関節  肩こり、筋肉の痛み、
関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない

全身症状  倦怠感、疲れやすい、
めまい、微熱、フラフラする、ほてり、
食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、
起きるのがつらい

精神症状  不安になる、恐怖心におそわれる、
イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、
集中力がない、やる気がでない、
ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

 

<5>なぜ自律神経失調症に

はり灸などが効くのか?

21253641_s

はり灸やマッサージなどには

交感神経を抑制したり

また過緊張の筋肉をほぐすことで

リラックスさせバランスを取る働きがあります。

 

特に病名はつかないがなんだか調子が悪い

という方は一度ご相談ください。

 

弊所で対応可能か?ということから

施術の流れや改善までの見通しも

説明させていただきます。

自律神経失調症、めまい、眠れない(眠りが浅く疲れが取れない)、動悸がする・・・・などのご相談について。

上記タイトルのような症状に

悩まされている方は多いようです。

 

眠れない(眠りが浅い)

動悸がする

めまいがする

 

・・・そのような症状に悩まされて

病院を受診するものの

脳や内臓などへの異常は見つからず

 

「ストレスが原因ですので

しっかり休んでください」

 

「自律神経失調症ですので

休息を取るようにしてください」

 

と医師に言われるが、

どうしてよいかわからずに

弊所に相談に来るというケースです。

 

鍼灸などは自律神経失調症に

効果があるといわれていますので

インターネットなどで

検索したどり着くのでしょう。

 

上記のような症状が

出てしまっている方でも

施術を行い改善しやすい方・

しずらい方がいます。

 

たとえば、

生活の中であまり上手に力を抜けていない

力が入りやすいタイプの方は

比較的早く改善する傾向にありますが

 

ダルさ・むくみなどの傾向が強い方は

改善までにやや時間がかかる傾向があります。

(*蛇足ですが似たような症状で

病院で副腎疲労との

診断を受けている方もいらっしゃいました。)

 

・・・

弊所では今現在の症状は

あくまで結果であり、根本的な原因は

別の部分にあると考えます。

 

そのため鍼灸・各種調整など様々なアプローチ方法

が考えられます。

上記タイトルのような症状で

お悩みの方は一度ご相談ください。

 

<弊所にご相談に来られる方の一例>

30代男性 K・Nさま

プログラマー。

PCでの作業が多く生活も不規則。

 

めまい症状が強かったために

最初に脳神経外科を受診。

 

医師の診察を受けるが

脳には異常がなくやはりストレスが原因だといわれ

リラックスする時間を作るように指導される。

 

しかしながら具体的な方法がわからず

インターネットで鍼灸が効くということを調べて

弊所を訪れた。

 

田無北口鍼灸整骨院での施術など

21253641_s

その方は全身、特に頚周辺の

緊張が強くなっていて、また抹消も冷えていたため

頚周辺に鍼、手足にお灸を施す。

2,3回の施術でかなり改善。

 

これはあくまで一例ですが

筋緊張が強く症状が出ている方は

大きく改善する傾向にあります。

 

同じような症状でも原因は様々ですので

まずは一度ご相談ください。

44850148_s

自律神経失調症や新型うつ、パニック障害などの症状と田無北口院灸整骨院の施術

9493055_s

うつ傾向にある方、パニック障害などに悩まされている方、

悩みや考え事が抜けない方・・・・

 

そのような方は一つ共通点があることが多いです。

 

それは・・・

首の筋肉が異常に緊張している

という点です。

 

自律神経の失調症上になると

このようなケースが増える、

と多くの施術者も感じています。

 

田無北口鍼灸整骨院では以下のような施術を組み合わせ

体調を浴してまいります。

 

 

鍼・灸

20411635_s

吸玉

11048220_ml

各種調整

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

頭部や頸部周辺の緊張を緩和し

リラックスし少し深く眠れる状態に入るだけでも

改善が期待できます。

(完治、ではなく改善です。)

 

不眠症などで悩んでいる方もお困りの方はご相談ください。

だるい、朝の目覚めが悪い、眠れない、気持ちが悪い・・・不定愁訴とは何か?~西東京市・田無北口鍼灸整骨院の解説。マッサージや各種調整も有効な場合多数。

a0001_017432

こんな症状を訴える方が増えています・・・

☑ なんとなくだるい

☑ いらいらする

☑ 頭が重い

☑ 疲労感が取れない

☑ 朝起きられない

☑ 憂鬱な気分が続いている・・・・

 

これらは「不定愁訴」(ふていしゅうそ)と呼ばれ

何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、

病院等で検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指します。

患者からの訴え(主訴)は強いが主観的で多岐にわたり、客観的所見に乏しいのが特徴。

自律神経失調症と診断されることも多いです。

症状が安定しないため治療も難しいとされています。

 

a0001_008196

ストレスや生活習慣病が大きな原因??

以下の項目に1つでも当てはまることがある方は注意が必要です。

上記のような症状が出やすい状態であるといえます。

☑ 仕事が忙しい。

☑ いつも時間に追われている。

☑ 子育てをしていて疲れがたまっている。

☑ 人間関係の悩みがある。

☑ いっつもコンビニやファーストフードで食事を済ませてしまう。

☑ 一日中パソコンのモニターを見ている。・・・・

 

病院に行って検査をしても何も異常はなく

「ストレスが原因ですね。」と言われて特に解決方法もなく

どうしていいかわからず途方に暮れてしまった・・・

 

そんなお話も、よく聞きます。

確かにストレスが原因ですし、生活習慣が原因だということは

なんとなくわかるのでしょうが

どうやってそれを改善すればいいのかわからず

途方に暮れてしまうことも多くあるようです。

 

ストレスなく楽しく仕事や生活をし、

十分な運動ができ、

しっかり休めて、

ちゃんと栄養のバランスを考えた食事が取れれば

おそらくこのような症状を訴える患者さんは激減することになると思います。

 

・・・しかしそれらのことを実行するのは、

とても困難な方が多いのではないでしょうか??

 

みなさん時間に追われ、また多くのストレスを抱えながら生活しています。

本当に大変だと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生活習慣を変えるきっかけを、各種調整・マッサージ・鍼灸で!!

調整や鍼灸、マッサージを行うことで

これらの不調を解決するお手伝いができます。

これらの手技には、

自律神経安定作用、リラックス作用、疲労回復作用などがあり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

休んでも取れなかった疲れを急速に回復させることなども可能です。

生活習慣を見直すきっかけにも最適でしょうから

ぜひとも鍼灸や調整・マッサージなどを試してみることをオススメいたします。

 

最初の1回目から疲労回復の結果は出ますが

結局はまたもとの生活に戻ってしまうため

まずは週に1回くらいからまずは1か月試して

体調がどのように変化するのかを実感していただくことをオススメいたします。

IMGN6208

 

詳しくは田無北口鍼灸整骨院までお気軽にお尋ねください。

田無北口鍼灸院、自律神経失調症や耳鳴り・目まい・不眠症などの施術と改善までの目安 ~西東京でパニック障害など等に悩まされてしまったら、各種調整・鍼灸がおすすめです。

田無北口鍼灸院は

自律神経失調症で悩んでいらっしゃる方が

数多く来所されたくさんの改善実績がございます。

お困りの方はご相談お願いします。

042-497-4586

田無北口鍼灸院へ連絡ください。

 

 

<改善された方の感想>

~施術を受けるとこうなります。

a0002_010420

(1)ニックネーム みやびさま 

「頭痛症状が楽になりました。」

女性 30代 

施術感想

1か月前からお世話になっています。

(おそらく自律神経失調症が原因と思われる)

慢性的な肩こりと腰痛、頭痛が

毎日のようにあり辛かったのですがお伺いするごとに

少しづつ楽になり

手放すことができなかった頭痛薬も

ほとんどのまなくなりました。

 

その日の体調を詳しく聞いてくださり

その時に合わせた施術をしてくれるのが

うれしいです。

日々よくなっていることを実感しますので

これからも続けて

お世話になっていこうと思います。

 

(2)ニックネーム YOさま 

「腰痛や肩コリが楽になりました。」

女性 40代 

施術感想

病院では自律神経失調症だ、と診断されています。

 

一年以上前から肩こり、頭痛・腰痛に悩まされていて

最近では日常生活もままならなく

起きるのも辛かったり

育児もあまりできなかったのですが

施術を受けて久々に

肩あたりがすごく楽になりました。

 

本日もここ最近で一番調子が悪かったのですが

いろいろ話して施術をしてくれたので

安心して受けれました。

 

今まで調子が悪くて子供たちを

どこにも連れて行ってあげられなかったので

ぜひ続けてお世話になって

元気で子供たちを連れてどこかに行きたいです。

(3)ニックネーム tomocoさま 

「頭のすっきり感が違います。

スムーズに眠れます。」

女性 30代 

施術感想

自律神経の乱れで、肩こり、

首こり、頭痛の時にいつも

お世話なっています。

針をしていただくことで頭のすっきり感が

違いますしいつも眠るまでの時間がかかりますが

スムーズに眠りにつくことができます。

 

大変人気ですのでいつも事前に予約してから

行くことにしています。

 

ツライところを主にやってくださったりして

とても助かっています。

(4)ニックネーム ひろさま 

「血流が良くなりぽかぽか。胃も楽になりました。」

男性 30代  

施術感想

常に肩こり、首こり、自律神経の乱れを

感じていた。

 

施術を受けて血流が良くなり

体がポカポカした。

また体の軽さも感じることができた。

 

非常にわかりやすくまた

丁寧に説明していただき

治療を施してもらえるので

安心してお任せでき満足。

 

 

<自律神経失調症とは?>

a0002_010329

日本心身医学会では

「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、

しかも臨床検査では器質的病変が認められず、

かつ顕著な精神障害のないもの」

と暫定的に定義されている。

疾患名ではなく

「神経症やうつ病に付随する各種症状を総称したもの」

というのが一般的な国際的理解である。

 

<症状としては?>

様々な症状が体に現れます。

朝起きられない、眠りが浅い(睡眠障害)

めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、

緊張するようなところではないのに脈が速くなる、

血圧が激しく上下する、立ちくらみする、

耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、

過呼吸、生理不順、

つばが飲み込めない、

食べ物がのどに詰まる感じがする

といった身体症状から、

 

人間不信、情緒不安定、

不安感やイライラ、抑うつ気分など

(うつっぽい、パニック障害傾向)

精神的な症状が現れることも多いです。

 

・・・・しかしながら

病院に行っても

「ストレスが原因です」と言われるだけで、

自分自身ではその原因や対処方法がわからず

ますます不安・症状が悪化する人も多いのです。

 

<なぜ自律神経失調症になるの?>

a0002_008011

生真面目な性格や完璧主義者の人が

このような症状に陥りやすいとも言われますが

やはり圧倒的な理由は「ストレス過多」です。

仕事

育児

人間関係・・・

それらのストレスに加えて現代では

スマホやPCの使い過ぎによる

ストレスも見逃せません。

a0002_007988

神経の疲れと同時に体も疲れていれば、

ぐっすり休めるのですが

デスクワークなどであまり体は使わず

頭や神経だけが疲労すると

熟睡できずストレスがどんどん蓄積して、

症状が悪化してしまう、という

悪循環に陥る方も数多いです。

 

またエアコンの使い過ぎなども

体温調節が下手になる原因の一つで

自律神経に悪影響を及ぼすといわれています。

便利なことも

度が過ぎるとストレスに代わってしまうのです。

 

<自律神経失調症の施術>

耳鳴りや目まい、気分がすぐれないなどの症状は

他の病気とも混同しやすいため

注意をしながら施術を行っていきます。

 

★一例をあげると耳鳴りなどはメニエール病、

気分がすぐれない場合は

うつ病などの可能性もあります。

心配な方はご相談ください。

適切なタイミングで病院も紹介いたします。)

 

弊所では以下のような施術を行い

改善を狙っていきます。

 

(1)バランス調整

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

触りながら状態を確認し

全身の筋肉や骨格のバランスを整えていきます。

手や足などの末梢まで血行をいきわたらせると

全身のバランスも良くなっていくことが多いのです。

 

(2)鍼灸(はりきゅう)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鍼灸によりリラックス効果を高めます。

一例ですが、耳鳴りなどがある方は

胸鎖乳突筋周辺のバランスが

悪いことも多く

頸部や耳周辺のバランスをとるだけでも

症状が落ち着くこともあります。

 

鍼灸は、WHO(世界保健機関)からも

神経症状に対し有効だとの報告がなされています。

 

(3)温熱療法

写真 (43)

腹部や末梢を丁寧に

温めることで自律神経の安定を狙います。

 

(4)頭部の調整

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自律神経失調症の方は頸椎や頭部が

過緊張を起こしていることや

逆に力が入っていない状態のことが多いです。

鍼なども使います。

 

 

・・・一回で

ある程度効果を実感できる方もいれば

時間がかかる方もいますが

ほとんどの方がしっかりと効果を感じてます。

 

基本的には体質改善になります。

少し時間がかかることもありますが

休職中だった方が復帰された例なども

ございます。

頑張って一緒に体調をよくしていきましょう。

 

 

 

ご自宅でできるセルフケアなどもお伝えしますので

当院の施術と合わせて

ご自分でもケアされますと

より一層効果が実感できると思います。

 

042-497-4586

田無北口鍼灸院へ連絡ください。

今すぐ「お電話相談」はコチラ