カテゴリー: 生活保護の方・保険診療をご希望の方

    生活保護を受けている方や
    労災・健康保険の保険診療に関する
    施術や治療相談も受け付けております。

    西東京市の医療券・高齢者鍼灸サービスも使えます。

    出張対応も可能です。
    医師からの紹介状など必要になります。
    まずは一度お電話でお気軽にご相談ください。
    施術体験なども可能です。

    健康保険を使った施術は「痛み系」の
    「慢性疾患」でほとんど適応になります。
    メリット・デメリットもございますので
    ご説明させていただきます。

    まずはお電話ください。

ご自宅や介護施設での施術を希望される80代~70代の方からの「出張施術依頼」とサルコペニア・フレイル予防について

痛みが強いが車いすのため出歩けない・・・

お風呂場で転んで寝たきりになった・・・

ぎっくり腰で出歩けない・・・

ご年配の方をはじめ上記のようなことでお悩みの方はいらっしゃいます。また年配の方は痛みが強くても「これ以上薬を服用したくない」ということで悩んでいる方もいます。鍼灸などの施術は薬以外の疼痛緩和方法としても効果が期待できます。

<中~高齢者でよく起こる疾病、治療における注意点>

高齢者の疾患には以下のような特徴があります。

・ 一人で多くの疾患を有する

いろいろな病気を持っていたり様々な薬を服用していたりします。

・ 症候が非定型的

特徴的な症状が出るとは限りません。

・ 潜在的に臓器の機能低下がある

便秘なども多いです。疾患を抱えていることもあります。

・ 慢性疾患が多い

・ 薬物に対する反応が一般成人と
異なる場合がある。

・ 生活機能障害をもたらす疾患が多い

運動機能や知的機能の低下が生活機能の低下を招くことがあります。

・・・ざっと挙げただけでも上記のような特徴があるため注意して経過を観察し施術を行う必要があります。お悩みの方は出張による施術も受け付けております。また医師の同意を得られれば
健康保険の適用になる事もあります。生活保護や障碍者の方、透析中の方、糖尿など持病をお持ちの方、様々な方に対応できます。お悩みがある方は一度ご相談ください。

出張施術を行った方の例

・ 80代女性

圧迫骨折後の神経痛
歩けないために介護施設での施術

・ 30代女性

脊椎損傷のため寝たきり
医師の確認を取り自宅で施術

・ 80代男性

腰痛
持病の糖尿病あり
車いす生活のため自宅で施術

ちなみに弊所ではビルエレベーターもありまた入り口は車いすも入れるよう対応しています。通院か?出張か?どのような方法で施術を行うかは事前によく相談させていただきます。また今の時期は外出禁止ストレスによるフレイルやサルコペニアの危険性も指摘されています。それらの予防指導も併せて行うことができます。ご相談ください。ご自宅での転倒にも充分お気をつけください。転倒から骨折し、筋力低下を起こし、寝たきりになるケースもあります。* 場合によっては西東京市内の骨密度測定を行っているクリニックもご案内することがあります。

 

参考までに動画解説もどうぞ。

健康保険を使った鍼灸の施術に関して、ご説明。その特性やメリット・デメリットなど。目的についても。

田無北口鍼灸院では施術は基本的に保険診療ではなく「自由診療」(=保険外の治療、という意味です)という形で行っています。一回当たりの施術時間も

保険診療:10分程度

自由診療:50分程度

と、大きく異なります。しかしながら生活保護を受けている方や医師からご紹介を受けたご高齢者の方などは保険診療でもご対応させていただきますしそのほうが良い場合もあります。ぜひ一度、ご相談ください。・・・なぜ、自由診療中心の施術かといいますと保険診療は制約が多いためです。詳細はこちらにもまとめてありますが一部ご紹介します。

 

・ 同じ疾患で病院で保険を使えなくなる

例えば腰痛で整形外科で薬を出してもらっていた場合鍼灸で同時期に保険診療による施術を受けることはできません。どちらか一つしか保険は使えません。

・ 金額やできる内容(痛み系中心の6疾患のみ)が決まっていてできることに限りがあるため。

施術時間もさほど割けません。自律神経の不調やストレス性のもの、美容や予防目的の施術は保険対象外になります。

 

・・・上記のような理由から弊所では自由診療を中心に施術を行っていますが「保険診療」を希望される方は

・ 安いからオトク

・ そもそも施術内容の差がわからない

といった認識の方もいらっしゃいます。施術の内容も時間もできることも違うのです。安いとかオトクといった性質の話ではないのです。あくまでケースバイケースです。鍼灸院をはじめとした治療院にお問い合わせをしてくださるということは「何らかの不調を改善したい」という目的があるはずです。「安く治療を受けること」が目的ではないはずです。

・・・ですがその内容や効果など差があまりわからないと選択する基準として

・ どちらが安いか、高いかの金額

・ どのくらい長い時間施術するか

というところでしか判断できなくなってしまうのです。弊所はそもそも「病院でよくならない問題を解決する」という事に特化した治療院です。・・・ですので流れとしては

病院へ行く

あまりよくならない、

ストレスが原因だといわれた。

原因不明。

どうしてよいかわからず

鍼灸院に相談

鍼灸で解決できることを知る。

自由診療で鍼灸治療を受ける。

 

・・・

という流れの方が多いのです。「病院では改善されない不調を改善したい方」にとっては最適だと思いますしご自身を変えたい方のお力に必ずやなれると思います。

 

また上記にも書きましたが

・ 生活保護を受けている方

・ マル親・マル障の保険証をお持ちの方

・ ご高齢者などで時間に余裕がある方

・ 持病があり出張で施術を受けたい方

などは保険診療での施術をオススメすることもあります。わからない場合は事前にご相談ください。しっかりご説明させていただきます。

生活保護を受けている方への鍼灸施術はなぜ適しているか??

生活保護を受けている方への鍼灸施術がなぜ適しているか書いていきます。助成券での対応も可能です。お困りの方は相談してください。また精神疾患などによりマル障の医療証をお持ちの方も自己負担ゼロ円で鍼灸施術を受けらる可能性があります。事前にご相談ください。

(1)薬以外の選択肢。

生活保護を受けている方の中には精神疾患や持病などがあり働けない方などがいます。精神疾患ならたとえばうつ病など。そのほか血圧の問題を生じる病気などがあればすでにたくさんの薬を飲んでいるため首肩が凝る症状、痛み症状、自律神経症状などがでたとしても

「これ以上薬は飲みたくない」

と考える方は多いです。そんな時、鍼灸という方法は一つの選択肢になるはずです。

首が痛い・肩が痛い(頚腕症候群・五十肩)腰が痛い(腰痛症)になってしまった場合も選択肢の一つとしてお考え下さい。

(2)様々な疾患に対応可能

朝の手のこわばりが強くリウマチが疑われる方や血圧の問題から生じる不調など様々な問題に対応できます。まずはご相談ください。複数の病気を抱えて散るような場合も「どんな薬を飲んでいるか?」含めてしっかりお話を伺い施術方針を立てます。

(3)出張にも対応可能

持病があり出歩けない方なども数多くいらっしゃると思いますが弊所では出張施術にも対応しております。定期的に施術を行うことで改善が見込める場合も多いです。一度ご相談ください。

 

生活保護を受けている方が鍼灸治療を受ける方法について。

生活保護を受けている方というのは働けない方なので持病がある方が多いと思います。持病がある方は、鍼灸治療が適しています。痛みやしびれなど慢性症状に非常に効果が高いです。例えば痛みがある方も多く存在しますが痛みのコントロールには鍼灸治療が適しています。

痛みは大きく分けて3種類の痛みがあります。

・ 侵害受容性疼痛(しんがいじゅようせい とうつう)

指を切ったりけがをした時などの痛みです。

・ 神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせい とうつう)

ヘルニアなどの圧迫による痛みです。

・ 心因性疼痛(しんいんせい とうつう)

ストレスによる痛みです。

下の2つはあまり痛み止めが効かずなおかつ治りづらいといわれています。鍼灸治療が有効ですので是非お試しください。手続きの仕方などもご説明します。まずはお気軽にご相談くださいませ。手続きの流れは以下になります。

 

1、弊所へ相談

症状を把握、施術や手続きの流れについて説明。書類お渡し。

2、行政へ連絡・相談

3、医師の診察、同意書発行(医師同意が必要)

4、施術開始

行政から医療券が発行。施術がスタート。

★ご自宅での施術も受けられます。(出張対応)

 

・・・また西東京市田無町で保険診療による鍼灸施術を受ける方法はこちらにまとめてあります。詳細知りたい方はどうぞ。

労災事故・交通事故。お怪我の相談はお気軽にどうぞ。

noteにも記事をまとめています。詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

労災や交通事故後の治療相談に応じます。

弊所では労災事故や交通事故に遭ってしまった方が治療を進めるうえでのご質問や疑問、不安・不満のご相談にも応じています。同じようなことでお困りの方の参考になるかもしれません。医療スタッフの目線で書かれた対応マニュアルを一部抜粋し紹介致します。・・・「病院などの医療機関の窓口対応について」(P28より抜粋)

窓口対応での基本

交通事故の場合、一般の方でも保険会社が治療費を相談に乗ってくれるという認識はあるようですがこと業務中・通勤中に発生した災害については労災という認識はありながらもその手続き等について知っている人はほとんどいません。そのため医療機関に勤務するものが手続き方法等を含めよく説明しなくてはなりません。その際労災に必要な書式などはたんに口頭で説明するだけでなく具体的にどのような書類が必要になるのか?またその書式はどのようなものなのか?わかるように実際の書式等をファイリングするなどし直接見せながら説明することが事務担当者としての配慮だと思われます。(以上・抜粋)

・・・

 

*労災の書類に関しては厚生労働省のページからダウンロードすることができます。

自分が逆の立場ならケガをして痛みなどもある中であれこれ口頭のみの説明を受けても理解できないと思います。どこの現場でもお怪我をされた方の立場になり詳しく丁寧に説明することが大切ですね。もちろん弊所でもそのような対応を心がけています。

あまり知られていませんが通勤中や勤務中にケガをした場合労災保険を使って鍼灸治療を受けることができます。その際はほとんどの場合で治療費が窓口0円になります。

・ 勤務中に肩を痛めた

・ 通勤途中に腰を痛めた

・・・などの状況の場合労災保険を使えるのですが痛みを後から申し出ても災害を証明できなくなってしまうことがあります。お早めにご相談ください。

交通事故後の治療もほとんどの場合自賠責保険を使って0円で鍼灸治療を受けることが出来ます。

まずは警察署などに書類提出の上、お早めにご相談ください。相手保険会社は「鍼灸での一括対応は認めない」などということが多いようですが直接自賠責に請求する方法もあります。鍼灸治療を受けることは可能ですので一度0424974586までご相談ください。

労災申請におけるメリットやデメリット

交通事故や労働災害に
遭ってしまった方が
治療を進めるうえでの
ご質問や疑問、
不安・不満を公開しています。

同じようなことで
お困りの方の
参考にもなるかもしれません。

以下は勤務中や通勤途中
事故に遭ってしまった方から
たまに聞かれる質問です。

「労災保険を使うメリット・
デメリットがあれば教えてほしい」

ご質問にお答すえる形で
まとめていきます。

メリットについてですが

(1)病院などの
通院治療費がゼロ円になる。

労災指定病院・鍼灸院などでは
窓口料金もゼロ円になります。

(2)会社を休んだ日があれば
休業補償が出る。

労災・交通事故により
会社を休んでしまった場合
給付があることがあります。

(3)もしも後遺症が生じた場合
等級に応じた給付がある。

交通事故の

「自賠責保険」

にも
同じような制度があります。

詳細 : 
厚生労働省「障害等級表」

・・・上記のように様々な
メリットがあります。
逆にデメリットは
あまりないと思います。

労働基準監督署に相談すれば
いろいろ教えてくれるので
申請もさほど
難しくないはずです。

ただ会社によっては

労災保険を使わせたがらず、
会社と話をするのが大変

と感じている方が
いらっしゃるようです。

通勤途中の交通事故や
仕事中のケガの場合などで
労災保険を使うことができます。

何かお困りのことがありましたら
弊所までお尋ねください。

あまり知られていませんが
労災保険などを使って
鍼灸治療をすることができます。

生活指導や運動指導もします。
詳しくはご相談ください。

2か月前に会社でケガをして、腕を痛めたのですが今から労災申請できますか??

労災事故や
交通事故に遭ってしまった方が
治療を進めるうえでの
ご質問や疑問、
不安・不満を公開しています。

同じようなことで
お困りの方の
参考になるかもしれません。

ご質問

Q,はじめまして
2か月ほど前に
会社で肘を痛めてしまいました。

業務上必要な荷物を
持ち上げた際に
肘が痛くなって
しまったのです。

すぐに治るかな、
と思ったのと
忙しかったのとで
2か月放置して
しまいました。

痛みが強いので
今から治療したいのですが
労災申請できますか?

また、できないのならば
健康保険を使って治療できますか?

教えてください。

弊所より回答

A,はじめまして
大変でしたね。
お見舞い申し上げます。

・・・
さてご質問の件ですが
仕事中痛めたケガですので

労災申請

という流れになりますが

2か月経ってからですと
難しいと思います。

労災事故によるものかどうか
証明できないためです。

くわしくは労働基準監督署に
お尋ねください。

また2か月前の
職場でのケガが原因で
痛みが出たのであれば
健康保険を使うことも
難しいかもしれません。

こちらも健康保険組合などに
聞いてみてください。

問い合わせ先は
健康保険証の裏に
記載されていると思います。

・・・

もしも職場で
ケガをしてしまった場合は
なるべく早く
弊所に相談いただく方が
良いかと思われます。

上記のように
労災事故によるものだと
証明できなくなるからです。

あまり知られていませんが
労災保険を使って鍼灸治療を
することもできます。

詳しくは、弊所まで
お電話等でお尋ねください。

労働災害(仕事中のけが)、通勤災害(通勤中のケガ)に関することも何でもご相談ください。

通勤中のお怪我、仕事中のお怪我では労災保険が使えます。

★ 健康保険は使えません。

 

労災保険を使うメリット 

以下のものが給付対象になります。

 

1.治療費

2.休業補償(賃金)

3.後遺症が残った場合の補償

などです。

 

ゼロ円でしっかりとした治療が受けられるので

通勤中や業務中にけがをしてしまった場合はしっかりと通院し、

一日も早く職場への復帰を目指しましょう。

 

<こんな場合、労災保険の適用>

 

☑ 仕事に行こうとして急いでいたら、

躓いて転んでしまった。

☑ 通勤中の満員電車の中で腰を痛めた。

☑ お客様のところに、

行った際に雨で滑って転んでケガをした。

☑ 仕事中に重いものを持ち上げた際、

腰を痛めた。

(給付が認められるかどうかは、

労働基準監督署の判断となります。)

 

・・・過去には、職場で受けた暴行が

労災として認定されるのかといった相談、

後遺症認定までの方法等も

ご質問されアドバイスした実績がございます。

 

また

「労災を使うと会社に

迷惑をかけてしまうのでは・・・?」

と考えている方がいますが、

それは大きな間違いです。

 

手続きも、複雑なことはなく、

所定の用紙に会社から

印鑑を押してもらうだけです。

煩雑な手続きなどフルサポートし

かかった医療費の請求などを

こちらで代行することも可能です。

 

★ 通勤中のケガで本来ならば

労災保険を使わなければならないのに

健康保険などを使い治療することは

「労災隠し」につながりますので

かえって会社に迷惑をかけてしまうことに

なりかねません。

 

まずはお早めにご相談ください。

あまり知られていませんが

労災保険を使って鍼灸治療を

受けることができます。

 

生活保護を受けている方は慢性的な疾患を抱えている方も多いです。田無北口鍼灸院でも相談に応じます。

生活保護を受けている方は

慢性的な疾患をお持ちの方が多いので

しっかり治療を受けた方がいい場合も多いです。

詳しくは以下・・・

 

病気から働けなくなってしまった方

や精神疾患をお持ちで働けない方

様々いらっしゃると思います。

 

・ 腰痛

・ 手のしびれ

・ 足が痛くて出歩けない

 

・・・様々な理由で施術を希望される方がいます。

田無北口鍼灸院では

生活保護を受けている方への

施術を数多く行っています。

 

上記写真の「温灸」

などは体を温める働きがあり

施術を受けた方から大変ご好評

頂いております。

 

例えば手の痺れにもいろいろ理由があり

例えば高血圧による

肩こりが手のしびれを

増強させている場合、

 

首のヘルニアなど持病があり

手のしびれがある場合、

様々な理由で症状が現れます。

 

もしも弊所の専門外である場合は

近隣の病院等もご紹介させていただきます。

お困りの方は一度ご相談ください。

 

生活保護受給者のための「はりきゅう」も行っています。

田無北口鍼灸整骨院では

生活保護の方への施術を行っています。

指定施術所のため費用は0円でできます。

詳しくはこちら…

48806553_s

現状、はり灸のみの対応で

以下の疾患の際、保険適用になります。

 

・ 神経痛

・ リウマチ

・ 頚腕症候群

・ 五十肩

・ 腰痛症

・ 頚椎捻挫後遺症

・ ほか

医師の同意書が必要になります。

 

医師の同意書と意見書を市役所(区役所)に提出し

施術を開始します。

書類提出の流れについてはじっくりとご説明いたしますので

まずはご相談ください。

 

また母体の一般社団法人 交通事故治療相談室

では毎年こちらの団体へ寄付を行っています。

生活保護を受給している方のはり灸による施術も行っています。

田無北口鍼灸整骨院では

生活保護受給者の方への

「はり灸」や「マッサージ」による施術を行っています。

 

・ 精神障害で生活保護を受けている

・ 生活困窮者で生活保護を受けている

 

・・・そのような方も体調が悪くなったり

持病が悪化してしまうこともあるでしょう。

 

腰痛 身体全体の神経痛 手のしびれ

リウマチ ほか

 

田無北口鍼灸院は

生活保護制度の指定施術所

に登録されています。

何かあればお気軽にご相談ください。

 

医師の同意書など書類が必要になりますので

書類の書き方なども指導いたします。

21253641_s

生活保護受給者の方対象・鍼灸(はりきゅう)の施術受付を開始いたしました。

10679353_s

生活保護を受給している方が

支払いなしで施術を受けられるようにしました。

*今のところ鍼灸の施術に対応しております。

 

・ 医師の同意書

 

が必要になります。

 

施術を希望される方はまずはご相談ください。

 

ひと通りお話を伺い

説明させていただいた後、所定の用紙などをお渡しいたします。